你的位置:主页 > 365官方体育 >

分析极简主义生活方式对日本人的影响

2020-07-17 | 人围观

  ミニマリズムの日本人の生活方式への影響-「断捨離」をめぐって[日语论文]

  摘要:极简主义,起源于20世纪60年代简约的艺术风格,后来逐渐发展为一种崇尚自然简朴的生活方式。在当代背景下的今天,极简主义与禅宗思想在许多方面呈现着共同状态,禅宗强调排除杂念、坚守本性的修身思想。极简主义生活方式迎合现代人们的需求,日本学者山下英子也提倡断舍离的生活方式,断舍离就是要化繁为简,呈现本质。本论文以断舍离为研究中心,分析极简主义生活方式在日本流行的现象以及原因,并探究其对日本人生活方式的影响。通过正反两方面论证极简主义生活方式的利与弊,旨在引导人们更好地利用其优点,从而提高人们日常生活质量,并加深人们对日本断舍离文化的理解。

  关键词:极简主义;生活方式;禅宗;断舍离

  要旨:ミニマリズムは、20世紀60年代シンプルな芸風に由来する。その後、自然の簡素な生活方式を尊ぶことに発展してきた。今の時代に、ミニマリズムと禅宗は共同の理念が現れている。禅宗は邪念を払い、本性を守る思想を提唱する。ミニマリズム生活方式は現代の人々の需要に迎合し、日本学者山下英子は「断捨離」の理念を提唱し、断捨離は複雑な物を単純化し、物事の本質を見極める。本論文の主旨は「断捨離」の理念で、ミニマリズム生活方式は日本において流行する現状及び原因を分析し、日本人の生活方式に対する影響を探究する。両方面がミニマリズム生活方式の利と弊を論証し、ミニマリズムの利点を発揮することを目標として、人々の日常生活品質を高めることに役立てるのを目指したい。同時に、日本の断捨離とミニマリズム生活に対する理解を深めようと思う。

  キーワード:ミニマリズム;生活方式;禅宗;断捨離

  image.png

标签:

相关内容推荐:

Top